taste

「アクアソムリエ」なるものが存在するほど奥深い水の味

「水なんてどれも味は同じ」と思いきや、ミネラルウォーターにはそれぞれ異なる味わいがあります。では、その違いを決めているものは一体なんなのでしょうか?ここでは、ミネラルウォーターの味を決める要素と、硬水・軟水それぞれの利用者からの口コミをご紹介していきます。

ミネラルウォーターの味
何で決まる?

ミネラルウォーターの味の違いを決めるのは、水に含まれるミネラルの含有量。とくに味を左右するのが、カルシウムとマグネシウムの割合です。どちらも適量であれば甘みを感じるのですが、多くなると渋み・苦みが強まり「クセのある味」と認識されやすくなります。

その他にも、カリウム・ナトリウムが多いと塩気を感じたり、重金属イオン(鉄分など)が多いと金属っぽい味が残ることもあります。ミネラル分が少なくなればなるほど、クセがなく飲みやすい味となるため、基本的に硬度の高低で味が変わると思って良いでしょう。

お水が「かたい」「やわらかい」って何?

よく水の味・飲み口に「かたい」「やわらかい」といった表現が使われますが、これは水の硬度が関係しています。

硬度とは、水中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量を数値で表したもの。一般的な基準だと硬度100㎎未満が軟水、100㎎以上~300㎎未満が中硬水、300㎎以上が硬水となります。

水の「かたい」「やわらかい」はこの硬度の違いとなっており、硬度が高いほど「かたい」水となり、硬度が低いほど「やわらかい」味わいの水となります。分かりやすく言うと、かたい水は「しっかりとした味わい」、やわらかい水は「軽い口あたりで飲みやすい水」と思ってもらえればOKです。

意外と差があるお水の味は
口コミを参考に探すのがベスト

水の味には硬度が関係していますが、「それでも同じ水なんだから、さほど違いはないのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、水の味が「かたい」か「やわらかい」で飲みやすさにはかなりの差があるもの。せっかく健康・美容のために水を飲むなら、自分の舌に合っていて、長く続けられるものを選びたいですよね。そこで、水選びの参考にしてもらいたいのが、利用者からの口コミ情報です。

味覚にはもちろん差があるため、人によって感想は異なりますが、口コミを参考にすることでだいたいの水の味・飲みやすさが分かってくると思います。

硬水の口コミ

  • voice01

    最初は思った以上に飲みにくさを感じました。ノドにつかえる感じがして、とにかく重いんです。でも、慣れてくるとその重さが魅力に感じられてくるから不思議ですね。水の飲み過ぎ防止にもなるので、ダイエット・むくみ防止に効果的です。(26歳・女性)

  • voice02

    一般的に高硬度と呼ばれるミネラルウォーターを飲んでいますが、ミネラルのバランスが良いのか、想像よりも飲みやすかったです。体調によっては飲みにくいので、よく冷やしたりレモンを絞ったりして利用しています。価格は普通よりも高いですが、健康のためにも続けようと思っています。(30歳・女性)

  • voice03

    健康にいいと聞いて硬水を飲んでみましたが、水なのにドロッとした口当たり・・・。とにかく重いので、ガブガブ飲むには向いていません。とくに常温だと飲みにくいので、しっかり冷やした方がいいです。味は好みじゃないですが、飲むと胃腸の調子が良くなるので頑張って続けています。(34歳・男性)

軟水の口コミ

  • voice01

    いろんなミネラルウォーターを試してきましたが、最終的には軟水に戻ってきました。気になるクセやニオイもないし、喉ごしがやわらかくてとにかく飲みやすいです。健康やアンチエイジングのためには水を飲むことが大切ですが、ストレスなく飲むことも大切ですね。(21歳・女性)

  • voice02

    ミネラル分が少ない軟水は、良く言えば飲みやすい、悪く言えば個性のない水です。水分補給としてはベストだと思いますが、健康づくりのために選ぶ水としてはベストとは言えないかもしれません。硬水に慣れると、物足りなさを感じます。ただ、すんなり飲めるのでいつも側に置いてしまう水ではあります。(33歳・男性)

  • voice03

    お腹が弱いので、マイルドな軟水は欠かせません。乳児がいるのですがミルクに使っても問題ないですし、麦茶を作ると味がとてもまろやかになります。常温でも甘みがあって美味しいですし、普段の水分補給には軟水が適しているのかなと思っています。(33歳・女性)

ミネラルウォーターの分類について