component

シリカ(ケイ素)

美と健康のため、体に必要な栄養素を誘導する「美の司令塔」

シリカ(ケイ素)は、近年、健康や美容に効果をもたらす成分として注目を集めている成分です。化粧品に配合されているほか、ミネラルウォーターの形でも販売されています。では、シリカ(ケイ素)がもたらす効果を見ていきましょう。

シリカ(ケイ素)とは

体のあらゆる細胞に含まれている必須ミネラル

シリカ(ケイ素)は私たちの体を作るために必要な必須ミネラルであり、健康な状態を維持するためには欠かせない成分です。皮膚や爪、髪、骨などあらゆる細胞に存在しており、それぞれの組織を健康な状態に保つはたらきがあります。特に皮膚に含まれる量が多いため、皮膚を若々しい状態に導く美容効果が期待されているのです。

シリカ(ケイ素)のはたらき

  • コラーゲンの結びつきを助ける

    皮膚の奥にある真皮では、網目状にコラーゲンが張り巡らされ、その間にエラスチンが結びつくことで若々しいハリを生んでいます。そして先に述べたとおり、シリカ(ケイ素)が特に多く含まれているのは皮膚です。シリカ(ケイ素)は、真皮内のコラーゲンとエラスチンの結びつきを強くするはたらきがあるため、肌のハリには欠かせない成分と言われています。

  • 骨粗しょう症を予防する

    骨粗しょう症は、骨密度が落ちて骨がもろくなる疾患です。この骨粗しょう症の予防にも、シリカ(ケイ素)が役に立ってくれます。シリカ(ケイ素)が骨にもたらす効果は、いち早く認識されていました。骨を作るときは、カルシウムに加えてコラーゲンも重要です。シリカ(ケイ素)にはこれら2つの結びつきを助けて、骨密度を高めるはたらきがあります。

  • 抗酸化力で病気や老化を防ぐ

    私たちの体において、病気や老化をもたらす原因のひとつが酸化です。酸化とは、活性酸素が体内を攻撃することで、組織が弱ってしまう現象を指します。現象としては金属のさびや果物の変色などと同様であり、酸化した細胞や遺伝子が病気や老化のもととなるのです。しかしシリカ(ケイ素)は高い抗酸化力を持ち、活性酸素に対抗することができます。

シリカ(ケイ素)が不足するとどうなる!?

体内で生成できないシリカは老化と密接な関係

シリカ(ケイ素)は必須ミネラルのひとつですが、体内で生成することができません。そのため、体外から摂取しなければシリカ(ケイ素)不足に陥ってしまいます。体内のシリカ(ケイ素)が不足すると、真皮内のコラーゲンの生成、骨や軟骨の生成にも悪影響を及ぼし、肌や骨、関節の老化につながるでしょう。

シリカ(ケイ素)を摂取しすぎるとどうなる!?

体内に留めておけず体外へと排出される

シリカ(ケイ素)を摂取した際、余った分は3時間~9時間くらいで体外に排出されます(体内動態)。そのため、シリカ(ケイ素)自体は、摂りすぎても特に問題ありません。ただし食品で摂る場合、シリカ(ケイ素)以外にも栄養素は含まれています。その成分を過剰摂取したときの安全性は保障できないため、食品から大量に摂るのは避けましょう。

成人の摂取量目安

成人男性 10~20mg 成人女性 10~20mg

シリカ(ケイ素)を多く含む食品

  • カラス麦
  • きび
  • 大麦
  • 小麦
  • 青のり
  • ひじき
  • わかめ(茎)
  • 昆布
  • あさり
  • じゃがいも
  • 赤かぶ
  • アスパラガス

シリカ(ケイ素)を効率よくとるには

精製前の穀物やシリカ水などで効率的にシリカ(ケイ素)を摂取

私たちの体を健康でキレイに導いてくれるシリカ(ケイ素)は、積極的に摂取することが求められます。では、より効率的にシリカ(ケイ素)を摂取するにはどのようにすれば良いのでしょうか。その有効な方法についてご説明します。

  • 白米より精米していない雑穀米や玄米

    シリカ(ケイ素)は穀物に多く含まれています。特に上記にあげたカラス麦やきびなどには豊富であるため、雑穀米として食べるのがおすすめです。また、穀物は精製するとシリカ(ケイ素)が減少するため、白米よりは玄米のほうが効率よく摂取できるでしょう。

  • 食事で不足する分はシリカ水がおすすめ

    上記のように、シリカ(ケイ素)を食品から摂取することも可能です。しかし、たとえばわかめの場合、1日の必要量を摂取するには200gを食べることになります。食品から摂取するのが難しいときは、シリカ水を利用するのがおすすめです。適度な量を毎日飲むことを心がけてください。

ミネラルウォーターの分類について