component

サルフェート

デトックスと新陳代謝に効果が期待される成分

ミネラルウォーターに含まれている成分の1つ、サルフェートの特徴やメリット・デメリットについてまとめています。サルフェートを効率よく摂取するポイントについても触れていますので、ぜひ参考にしてください。

サルフェートとは

硬度の高い水ほど多く含まれているミネラル

サルフェートとは、ミネラルウォーターの成分としてよく知られるミネラル。サルフェートとは硫酸塩のことで、カルシウムやマグネシウムといったミネラル成分と硫酸基が結合してできた成分です。温泉やヨーロッパの地層に多く含まれており、日本の水の成分としてはあまり見られないのが特徴。水の硬度が高くなればなるほど多く含まれる傾向にあり、有名なものにはコントレックスがあります。

サルフェートのメリット

  • 老廃物を体外へ排出させるデトックス効果

    サルフェートには、体に溜まった有害物質・老廃物の排出を促すデトックス効果があります。その理由は、サルフェートの持つ高い利尿作用。細胞や血液中にある老廃物を素早く腎臓に集め、尿として体外へ排出する働きがあるのです。また、サルフェートには便通を改善する効果もあり、飲み続けていると排便力がアップ。腸内環境がよくなり、細胞の新陳代謝の促進にもつながります。

  • 新陳代謝アップによる美容効果

    デトックス効果や便秘の改善で老廃物が排出されるようになると、細胞の働きもアップ。新陳代謝が活発になり、肌にも好影響です。細胞は28日周期で新しい細胞に生まれ変わります(ターンオーバー)が、加齢やストレスなどでこの周期が乱れると肌にくすみ・シミなどが現れます。しかし、サルフェートによって新陳代謝が高まれば、細胞のターンオーバーも徐々に正常なサイクルへと回復。肌に透明感が出るなど、美容効果がアップするのです。

サルフェートのデメリット

まだ効果のすべてが解明されていないサルフェートですが、ミネラルウォーターや食品からの摂取量は微々たるもの。もともと人体にも含まれている成分なので、万が一デメリットが見つかったとしても、気にするような量ではないでしょう。ただ、硬水を飲むとお腹の調子が悪くなるという方がいますが、この原因の1つがサルフェートの利尿作用ではないかとされています。胃腸の弱い方がサルフェート入りの水を摂取する際は、体調を見ながら量を増やしていきましょう。

成人の摂取量目安

とくに基準は定められていません。

サルフェートを多く含む食品

  • ブロッコリー
  • じゃがいも
  • アーモンド

サルフェートを効率よく摂るには

高硬度のミネラルウォーターを飲むという選択肢も

サルフェートはミネラルウォーターの成分の1つとしてよく知られていますが、私たちの身近な食材にも含まれているミネラルです。どんな食材に含まれているかをチェックしておくと、効率よくサルフェートを摂取できるようになるでしょう。

  • ブロッコリーやアーモンドを食べる

    サルフェートは、ブロッコリー・じゃがいも・アーモンドといった食材にも含まれています。これらの食材を組み合わせたり、積極的にメニューに取り入れることで、サルフェートを効率よく摂取できます。しかし、食材の数が比較的少なく毎日食べるのはなかなか大変なので、アーモンドミルクなどを利用するのも良いでしょう。

  • サルフェートを含む水を飲む

    サルフェートを効率よく摂取するのに便利なのがミネラルウォーター。食材よりも多くのサルフェートを手軽に摂ることができ、しかもノンカロリーなのが嬉しいポイントです。ただ、サルフェートが含まれる水の多くは硬水で独特の味があるため、人によって好き嫌いが分かれます。体質によっては下痢などを起こすこともあるため、高硬度よりも中硬度くらいの水を継続して飲んだ方が良いでしょう。

ミネラルウォーターの分類について