class4

ボトルドウォーター

農林水産省による定義

農林水産省による、ボトルドウォーターの定義は以下の通り。「ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のものにあっては、「飲用水」又は「ボトルドウォーター」と記載すること」。

参照:ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン(H2.3.30農林水産省局長通達 食流第1071号)

ようするに

ボトルドウォーターって何

処理方法の限定がない飲料用の水

ボトルドウォーターとは、地下水を原水としないもので、水道水・蒸留水・ピュアウォーターなどをペットボトル等の容器に詰めたもの。食品衛生法に基づいた処理方法の限定がないため、もっとも手軽に製造できる飲用水となっています(ただし、18項目の水質基準をクリアする必要あり)。ミネラル分については原水によって異なるため、多いものと少ないものがあります。

販売されている
主なボトルドウォーター

  • VIVO

    VIVOのキャプチャ

    引用元:VIVO
    http://vivojapan.jp/

    伊豆天城山の源流水に特殊加工をしたナノクラスター水

    VIVOは、オプティマルヘルス(究極の健康状態)の追求という発想で開発されたナノクラスター水。伊豆天城山の源流水に特殊加工を施し、水分子の大きさ(クラスター値)をナノレベルまで分解しているため、体への浸透力が非常に高くなっています。その浸透力は、VIVO500mlで一般的なミネラルウォーター2リットル分の水分補給が可能なほどです。

  • 東京水のキャプチャ

    引用元:東京水
    https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/

    高度浄水処理した東京都の水道水をボトリング

    東京都水道局が企画・販売を行っている、500mlのペットボトル飲用水「東京水」。平成16年度よりスタートした、「安全でおいしい水プロジェクト」のPRの一環として製造されたものです。ボトリングされているのは、東京都の浄水場で高度浄水処理された水道水。浄水場で処理された水をそのままボトリングしているため、水道から出る水よりもフレッシュな味わいを楽しめます。

  • はまっ子どうし The Waterのキャプチャ

    引用元:はまっ子どうし The Water
    http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/hamakkodoshi/

    横浜の水源である道志川の清流水を使用した安全な水

    はまっ子どうし The Waterは、横浜の水源の1つである道志川の奥深くから湧き出る清流水をボトリングしたもの。水源保全の重要性と、横浜の水道事業への関心を高めることを目的に製造されています。口当たりのよい軟水で、そのまま飲むのはもちろん、お茶・コーヒーなどを作るのにも最適。規定されている水質検査の他に、水道局独自で定めた47項目の追加検査・放射性物質検査も行っており、安全性も高くなっています。

  • さいたまの水のキャプチャ

    引用元:さいたまの水
    http://www.city.saitama.jp/001/006/002/049/bitkuyouinnryousui/index.html

    水質のよい井戸から汲み上げた地下水100%

    「さいたまの水」は、さいたま市内で水質のよい井戸とされる土合浄水場6号井戸(旧浦和浄水場3号井戸)から汲み上げた地下水。防災対策として、水の汲み置きをPRするために製造されたものです。酸素透過性・遮光性に優れたアルミボトルを採用しているため、賞味期限はペットボトルに比べて長め(賞味期限5年間)。口当たりのよい軟水で、誰にでも飲みやすい味わいが特徴です。

ミネラルウォーターの分類について