class1

ナチュラルウォーター

農林水産省による定義

農林水産省の定義によると、ナチュラルウォーターとは「特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないものにあっては『ナチュラルウォーター』と記載すること」とあります。

参照:ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン(H2.3.30農林水産省局長通達 食流第1071号)

ようするに

ミネラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターとの違いって

自然のままの水ですが、ミネラル分は少なめ

ナチュラルウォーターとは、地下から汲み上げた天然のままの水。ただし、体調不良の原因となるような物質・細菌が入り込まないよう、ろ過・沈殿・加熱殺菌といった処理は施されています。自然な水という部分がナチュラルウォーターの魅力ですが、含まれているミネラル分は極めて少ないのが特徴。水分補給と同時にミネラル補給もしたい場合には、あまり向いていない水と言えます。

販売されている
主なナチュラルウォーター

  • VOSS

    VOSSのキャプチャ

    引用元:VOSS
    http://www.vosswater.co.jp/

    ノルウェー南部の氷河下から採水された軟水

    VOSSは、ノルウェーの氷河下から採取されたナチュラルウォーター。水は、未発見の帯水層にて自然にフィルタリングされており、水源から自然のままの状態でパッケージされています。ミネラル成分が少ないためクセがなく、甘みがあるのが特徴。日本人の舌にも合いやすい軟水です。VOSSには炭酸入り・炭酸なしの2種類があり、気分や利用シーンに合わせて使い分けることもできます。添加物や殺菌処理等について気にされる方におすすめの水と言えるでしょう。

  • 白神山地の水のキャプチャ

    引用元:白神山地の水
    http://www.bisuikan.co.jp/

    白神山地の湧き水をミクロフィルターでクリーンに

    白神山地の水は、厳選された白神山地の湧水を使用したナチュラルウォーター。採水した水を3段階のミクロフィルターにかけ、クリーンでおいしい水に仕上げています。加熱処理は一切されていません。硬度は0.2㎎の超軟水で、まろやかで柔らかな口当たり。健康に欠かせないミネラル分は体の弱い方にはマイナスに作用することもあります。こちらの商品にはほとんど含まれていないため、体への負担が心配な赤ちゃん・お年寄り・アレルギーの方でも安心です。

  • ルソのキャプチャ

    引用元:ルソ
    https://www.mizuhiroba.jp/list/item/Luso.html

    厳しいEU基準をクリアした安全性の高い水

    ルソ(luso)は、ポルトガルのルソ村で採水される良質な天然水。いくつもの地層を通ってろ過された水は、外気に触れることなくそのままボトリングされています。無殺菌・非加熱ですが、厳しいEU基準をクリアしているため安全性・品質共に◎。硬度は8.2㎎の軟水で、誰でも飲みやすいスッキリとした味わい。

ミネラルウォーターの分類について