ウォーターサーバー
ペットボトルどっちが良い?

ミネラルウォーターを日常的に利用するにあたり、ウォーターサーバーとペットボトルどちらがいいのか…、と悩む方も多いのではないでしょうか。ここでは、ウォーターサーバーとペットボトルのメリット・デメリットを挙げ、どちらがオススメなのかを検証していきたいと思います。

ミネラルウォーター選び方ガイド » 水にこだわりを持つ大人のためのQ&A » ウォーターサーバーとペットボトルどっちが良い?

ウォーターサーバーの
メリットとデメリット

メリット

  • 定期的においしい水を宅配してもらえる

    ウォーターサーバーは定期購入システムを採用しているため、定期的においしい水を自宅まで配達してもらえます。登録内容に従って自動的に送られてくるため、わざわざ注文する手間もなく、買い忘れるといった心配もありません。また、重たい水を自分で運ばなくても済むため、女性やお年寄りにも嬉しいシステムです。

  • 温水・冷水をいつでも利用できる

    多くのウォーターサーバーは、温水と冷水を使い分けることができます。わざわざヤカンや電気ケトルでお湯を沸かさなくても温水を使えるため、お茶やコーヒー作りなどに便利。とくに大きなメリットとされているのが、赤ちゃんのミルク作りです。適温の温水がレバー1つで出てくるので、必要なときにサッとミルクを作ることができます。

デメリット

  • 毎月の利用料がかかる

    業者によって内容や価格は異なりますが、ウォーターサーバーには使用する水の料金・サーバーレンタル料・メンテナンス料が必要です。また、サーバーを利用するための電気代も毎月かかります。さらに、一定期間継続しないと解約金が発生する場合もあるため、利用する際には契約内容をしっかり確認しておく必要があります。

  • 日頃からの衛生管理・メンテナンスが必要

    ウォーターサーバーの水は、水道水と違って消毒・殺菌のための塩素が使われていません。味にクセがないのはメリットですが、水を使用するたびにボトル内へ空気が入るため、雑菌が繁殖する可能性が高まると言われています。とくに注ぎ口・ボトルの差込口は不衛生になりやすいため、安全に利用するためには日常的な衛生管理・メンテナンスが不可欠です。

ペットボトルの
メリットとデメリット

メリット

  • 好きな水を自分のペースで購入できる・コストが安い

    ウォーターサーバーの水は定期的に配送されてきますが、ペットボトルであれば自分のペースに合わせて購入することができます。通販を利用すれば自分で重い水を運ぶ手間も省けるため、より手軽です。コストに関しても価格帯の幅が広く、安いものから高いものまで自分の好みに合わせて選べるのも◎。また、電気代・レンタル料なども必要ないため、純粋に水の価格だけで利用できます。

  • 好きな銘柄を自由に選べる

    ウォーターサーバーの水はほとんどが1種類ですが、ペットボトルであればたくさんの種類の中から好きな銘柄を自由に選ぶことができます。含まれるミネラル成分・硬度も好きにチョイスできるため、自分の目的・利用シーンに合った水を選びやすいのがメリットです。また、ウォーターサーバーの水はほぼ軟水ですが、ペットボトルなら硬水を選ぶことも可能。気分や体調によって何種類かを使い分けたり、自分好みの水を探す楽しさもペットボトルのメリットと言えます。

デメリット

  • 保管場所が必要・ゴミが多い

    ペットボトル1~2本であれば問題ありませんが、まとめ買いする場合は保管するためのスペースが必要です。場合によってはウォーターサーバー以上に場所をとるため、あらかじめ置き場所を確保しておきましょう。また、ペットボトルを利用すると必ずゴミが出ます。回収が週1回の場合はかなりの量のゴミが溜まりますので、それを保管しておく場所も必要となります。

  • 運搬に手間がかかる

    通販や配送を利用しない場合、購入したペットボトルを自分で運ぶ必要があります。これも1~2本なら何とかなりますが、まとめ買いをするとかなりの重さ(10㎏以上)になるので要注意。とくに女性やお年寄りにとっては、大きな負担となります。また、水がなくなるたびに購入しに行くという手間もかかります。

コスト面や価格面でペットボトルに軍配!

ウォーターサーバーには「お湯が出る」といったメリットもありますが、コスト面・衛生面・メンテナンスの手間などを考えると、やはりペットボトルに軍配が上がります。ウォーターサーバーには月々の水の料金・レンタル料・電気代などが必要ですが、ペットボトルに必要なのはシンプルに水の価格だけ。とくにウォーターサーバーは月の電気代が約1,000円ほどかかると言われているため、それだけでもかなりの差になります。お水は毎日使用するものですから、手間やコストが少ないものを選択するのが賢い方法と言えるでしょう。

ミネラルウォーターの分類について