硬水軟水
どう違う?

水は、その硬度によって「硬水」「軟水」に分類されています。ここでは、何を基準として硬水・軟水に分けられているのか、それぞれの特徴や違いと共にご紹介していきます。水は硬度によって成分・効果・飲みやすさが異なりますので、自分に合った硬度の水を探すようにしてください。

  • hardness

    硬度はカルシウム
    マグネシウムの量で決まる

    水の硬度を決めるのは、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの量。1リットルあたりどれくらいのカルシウムとマグネシウムが含まれているかで、「硬水」と「軟水」に分けられるのです。硬度は数値で表され、数値の高いものが「硬水」、数値が低いものを「軟水」と呼んでいます。

  • name

    硬度によって変わる呼び名
    「軟水」「中硬水」「硬水」

    日本における水は、硬度によって「硬水」「中硬水」「軟水」の3種類に分けられています。ヨーロッパなどの水は硬度の高いものが多いですが、日本の水はほとんどが軟水となっています(沖縄などの一部地域を除く)。

日本での一般的な分類

軟水 中硬水 硬水
0~100mg/L 未満 100mg以上~300mg未満/L 300mg以上/L

WHO世界保健機関における分類

軟水 中程度の硬水 硬水 非常な硬水
60mg/L 未満 60~120mg/L 120~180mg/L 180mg/L 以上

それぞれの水の違い・特徴とは

水は硬度によって「軟水」「中硬水」「硬水」に分類されていますが、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を分かりやすくまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

軟水

水道水・ミネラルウォーターなど、日本の水のほとんどが該当する「軟水」。カルシウム・マグネシウムといったミネラル分が少なめで、クセがなく飲みやすい味わいとなっています。軟水は体への浸透・吸収性に優れているため、普段の水分補給にピッタリ。胃腸への負担も少なく、老廃物の排出をスムーズにする効果もあります。また、食材の風味を損ねることがないため、料理や飲み物への利用も可能。デリケートな赤ちゃんのミルクづくりにも適しています。

中硬水

中硬水とは、軟水と硬水の中間に位置する水。適度にミネラルを含んでいますが硬水のように「クセがある」「飲みにくい」ワケではなく、まるで軟水のように水分補給・ミネラル補給をできるのが特徴です。そのため、硬水は苦手だけどミネラルを補給したい・・・という方にピッタリ。カルシウムやマグネシウムの他にも、さまざまなミネラルを含んでいる中硬水も多くなっています。用途としてはそのまま飲むのが基本ですが、飲み物を作ったり煮込み料理などにも使えます。

硬水

硬水とは、カルシウム・マグネシウムなどのミネラルを豊富に含む水。軟水に比べると飲み口がどっしりと重く、独特の風味・苦みといったクセを感じやすくなっています。とくに、軟水に慣れている日本人は「飲みにくい」と感じることが多いようです。用途としては、スポーツ後のミネラル補給・便秘解消・ダイエットなどに効果的。ただし、ミネラル分が多い分胃腸に負担がかかりやすいため、デリケートな方や赤ちゃんには向いていません。

水道水にミネラルはどのくらい含まれている?

日本の水道水の硬度は33~99mg。外国の有名なミネラルウォーター、コントレックスの硬度で比べると1468mgと大きく差があります。日本の水道水は外国のミネラルウォーターよりも、硬度が低めの軟水がほとんどです。日本に軟水が多い理由に、日本の風土が関係しています。日本の土地は低くて急傾斜な場所が多く、雨水や雪解け水が大地にしみ込むため、地層の成分が水に溶けこむ隙がなく、ミネラルがそのまま流れ出てしまいます。外国の土地はなだらかな地形で河川から海へと水が流れまでに、ゆっくりとミネラルが蓄えられて行くため硬度の高い水が豊富なのです。

水自体のきれいさに大きな違いはない

塩素によって味が変わる?

水道水とミネラルウォーターでもっとも大きな違いは、塩素にあります。水道水は塩素を使用して水を消毒。塩素の量はきちんと定められているため、安全性に問題はほとんどありません。ただ、味を敏感に感じてしまう人の場合、塩素の匂いや味が気になってミネラルウォーターを好む人もいるようです。消毒のために使われる塩素ですが、塩素も実はミネラルの1つ。ナトリウムと塩素を組み合わせて、食塩として摂取されることの多い身近な成分です。摂取量に関してもとくに定められているわけではりませんが、水道水やプールなど塩素が含まれる水を過度に摂ると、肌荒れやお腹を下す場合があるようです。

水道水の検査項目はミネラルウォーターよりも多い

水道とミネラルウォーターのどちらも水のきれいさに関して言えば、大きな差はありません。最近では、大都市を中心に水道水の高度処理が行なわれるようになっており、より安全できれいな水道水が提供されています。しかし、地域によっては設置して40年以上経った水道管が老朽化しているところも。浄水場でどんなにきれいにした水でも水道管や貯水槽のサビやカビが原因で、きれいな水ではない可能性があります。

ミネラルウォーターと水道水の成分量の違い

  世田谷区水道水 クリスタルガイザー コントレックス
硬度 50mg/L 38mg/L 1468mg
ナトリウム 15mg/L 1.13mg/L 0.94mg
カルシウム 36.5mg/L 0.64mg/L 46.8mg
マグネシウム 13.5mg/L 0.54mg/L 7.48mg
カリウム - 0.18mg/L 0.28mg
パナジウム - 55μg/L -

水道水には、カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・カリウムが含まれています。ほかにも、鉄・銅・鉛・塩素などが含有。地域や浄水場によって成分量が異なってくるため、味にも違いがでてきます。ミネラルだけでなく、さまざまな成分が含まれているミネラルウォーター。

水道水よりもミネラルが豊富なため、硬度が高い水を選ぶか、水道水には含まれていないミネラルが入っている水を選ぶと良いでしょう。また、硬度が低いミネラルウォーターでも、成分によっては血糖を下げる種類もあるので健康に役立ちます。ほかにも、身体の老廃物を流しやすくする、胃酸過多や胸やけなどの症状を抑えるなどの効果を持つ水もあるので、改善したい身体の状態に合わせて選べるのがうれしいところです。

普段使いなら水道水・買って飲むならシリカ水!

水道水もミネラルウォーターもどちらもきれいな水です。しかし、含まれている成分が違うため身体に与える効果も異なります。普段から使い分けると良いでしょう。例えば、お米を焚くとき。お米はミネラルの多い水だと固くパサついた状態になってしまいます。硬度の高いミネラルウォーターは向いていません。塩素を除去した水道水か軟水のミネラルウォーターを使えば美味しく炊くことができます。飲料水として購入するなら軟水~中軟水のミネラルウォーターがおすすめです。とくにシリカ水は軟水の飲みやすさながら、硬水の栄養素も摂れる良いとこ取りの中硬水です。シリカ水を日常に取り入れれば、健康維持に役立てることができるでしょう。

ミネラルウォーターの分類について