硬水軟水
どう違う?

水は、その硬度によって「硬水」「軟水」に分類されています。ここでは、何を基準として硬水・軟水に分けられているのか、それぞれの特徴や違いと共にご紹介していきます。水は硬度によって成分・効果・飲みやすさが異なりますので、自分に合った硬度の水を探すようにしてください。

  • hardness

    硬度はカルシウム
    マグネシウムの量で決まる

    水の硬度を決めるのは、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの量。1リットルあたりどれくらいのカルシウムとマグネシウムが含まれているかで、「硬水」と「軟水」に分けられるのです。硬度は数値で表され、数値の高いものが「硬水」、数値が低いものを「軟水」と呼んでいます。

  • name

    硬度によって変わる呼び名
    「軟水」「中硬水」「硬水」

    日本における水は、硬度によって「硬水」「中硬水」「軟水」の3種類に分けられています。ヨーロッパなどの水は硬度の高いものが多いですが、日本の水はほとんどが軟水となっています(沖縄などの一部地域を除く)。

日本での一般的な分類

軟水 中硬水 硬水
0~100mg/L 未満 100mg以上~300mg未満/L 300mg以上/L

WHO世界保健機関における分類

軟水 中程度の硬水 硬水 非常な硬水
60mg/L 未満 60~120mg/L 120~180mg/L 180mg/L 以上

それぞれの水の違い・特徴とは

水は硬度によって「軟水」「中硬水」「硬水」に分類されていますが、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を分かりやすくまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

軟水

水道水・ミネラルウォーターなど、日本の水のほとんどが該当する「軟水」。カルシウム・マグネシウムといったミネラル分が少なめで、クセがなく飲みやすい味わいとなっています。軟水は体への浸透・吸収性に優れているため、普段の水分補給にピッタリ。胃腸への負担も少なく、老廃物の排出をスムーズにする効果もあります。また、食材の風味を損ねることがないため、料理や飲み物への利用も可能。デリケートな赤ちゃんのミルクづくりにも適しています。

中硬水

中硬水とは、軟水と硬水の中間に位置する水。適度にミネラルを含んでいますが硬水のように「クセがある」「飲みにくい」ワケではなく、まるで軟水のように水分補給・ミネラル補給をできるのが特徴です。そのため、硬水は苦手だけどミネラルを補給したい・・・という方にピッタリ。カルシウムやマグネシウムの他にも、さまざまなミネラルを含んでいる中硬水も多くなっています。用途としてはそのまま飲むのが基本ですが、飲み物を作ったり煮込み料理などにも使えます。

硬水

硬水とは、カルシウム・マグネシウムなどのミネラルを豊富に含む水。軟水に比べると飲み口がどっしりと重く、独特の風味・苦みといったクセを感じやすくなっています。とくに、軟水に慣れている日本人は「飲みにくい」と感じることが多いようです。用途としては、スポーツ後のミネラル補給・便秘解消・ダイエットなどに効果的。ただし、ミネラル分が多い分胃腸に負担がかかりやすいため、デリケートな方や赤ちゃんには向いていません。

ミネラルウォーターの分類について