水の種類による
違いって?

水と言ってもその種類は実にさまざまで、水道水・天然水・純水など、それぞれが異なる基準・特徴を持っています。
ここでは、一般的な水の種類と分類、その特徴について簡単に説明しています。水の種類を理解し、自分に合った水選びに活かしてください。

水の種類はこんなにある!

ひと言で「水」といっても、実はとても多くの種類があります。それぞれが違った基準・役割をもっているため、利用目的・性質によって細かく分類されているのです。自分がいつも利用している水、これから利用したいと思っている水などを踏まえ、基礎知識としてぜひチェックしてみてください。

水道水

国の定めた安全基準(水道法)に基づいて製造され、水道から供給される水。日本では非常に厳しい安全基準が設けられており、これをクリアする必要があります。ただし、水源・浄水方法は自治体によって異なるため、味もそれぞれ異なるのが特徴。

天然水

天然水とは、加工・添加などの手が加えられていない自然の水。天然のミネラル成分が豊富に含まれており、水でありながら高い栄養価を誇ります。ミネラル成分の種類や量は採水地によって異なり、味わいも少しずつ違っています。

純水

不純物・イオン成分などがほとんど含まれていない、純度の高い水。高精度のろ過を行っているため、土砂・微生物・ウイルス等はもちろん、栄養価であるミネラル分も除去されています。純水として挙げられるのは、RO水・蒸留水・精製水など。

還元水

電気分解によって水を「酸素」と「水素」に分け、生成される水のこと。抗酸化作用を持つ水素を多く含んでおり、活性酸素による酸化を還元する働きを持つことから還元水と呼ばれるようになりました。

電解水

電解水とは、電気分解によって得られる物質を混ぜ合わせた水。アルカリ性電解水と酸性電解水に分けられ、それぞれ用途が異なります。洗浄力の高いアルカリ性電解水は主に機械の洗浄、酸性電解水は食品の殺菌処理などに利用されます。

原水

浄水処理を行う前の水。原水には井戸水・湖沼水・河川水・鉱水・鉱泉水・湧水・伏流水・温泉水・地下水・海水などがあり、天然水はすべて原水です。これらの水が浄水・ろ過などの工程を経て、水道水やミネラルウォーターなどになります。

海洋
深層水

水深200m以下にある海水。深海で太陽光が届かないため、細菌が少なく汚染されていないのが特徴です。成分は人体のミネラルバランスと類似しており、ナトリウム・マグネシウムが豊富。塩分除去と殺菌などの処理が施されています。

アルカリ
イオン水

アルカリイオン整水器などで生成される、pH9~10のアルカリ性の水。水源から採水されるアルカリイオンを含む水も、アルカリイオン水と呼びます。胃もたれ・不快感・胃酸過多・消化不良といった、胃腸症状の改善に効果があるとされています。

炭酸水

炭酸ガス(二酸化炭素)を含む水。人工的にも製造できますが、天然の炭酸水も存在しています。美容や健康に良いとされており、海外では日常的に炭酸水を利用していることが多め。日本でも、炭酸水の効果が注目され始めています。

水素水

水素分子を豊富に含んだ水。活性水素水・電解還元水と呼ばれることもあります。水素濃度の高いものほど健康効果が高いと言われていますが、分子が小さいためすぐに水素が抜けていってしまうのが特徴。

酸素水

酸素を豊富に含んだ水で、高濃度酸素水のこと。通常の水よりも、多量の酸素を溶け込ませています。集中力の低下・動悸・めまいといった酸素不足による諸症状を、水分摂取によって改善できると言われています。

ミネラルウォーターの分類について