ミネラルウォーター選び方ガイド » 水にこだわりを持つ大人のためのQ&A » 体にいい水のとは?種類別の水効果を紹介

体にいい水はどんな水?

人間は毎日1.5リトル以上の水を搾取するべき。そこで、水によっては、体に違う影響を与えるのです。例えば、シリカ水は骨と髪などを強化してくれる、水素水は体の新陳代謝を高めてくれる、電解還元水はデトックス効果があるとされています。

「体にいい水」の基準

ここでは「体にいい水」とされる基準は何かを説明していきます。

添加物のない水(天然水)

水道水に入っている塩素は肌荒れなどの問題を起こしてしまうので、人工的加工されていない天然水あるいはナチュラルウォーターを選びましょう。

pH7.0(中性)の水

人間の体液はpH7.4前後となっているため、それに近い水中性(pH7.0)の水が体への刺激が少なく、飲用水としてが最適をされています。

ミネラルがバランスよく入っている水

マグネシウム、カルシウム、ナトリウムなどは健康の体に不可欠な成分です。現代人は食生活の偏りで、体が必要となるミネラルが不足していることが多く見られるので、ミネラルがバランスよく水から搾取しましょう。

体にいい水5選とその効果

水素水

デトックス効果

水素水を飲むことで、体内の活性水素が生成されます。そこで、その活性水素は、人間の体に悪影響を与える活性酸素体にを除去できるとされています。

シリカ水

美肌効果、骨粗しょう症の改善、アトピー性皮膚炎の改善

シリカ水にたっぷり入っている「シリカ」という成分は、コラーゲンの再生効果と骨、毛髪、爪の再生効果で知られています。

そして、シリカは体内で作れない成分であるため、食べものと水からの搾取するしかありません。

炭酸水

疲労回復、整腸作用

炭酸水に入っている炭酸ガスは、胃に刺激を与える効果があると言われています。与えられて刺激によって、胃腸の消化能力を高める効果も期待できます。

温泉水

美容効果、生習慣病の予防

温泉にはざまざまなミネラルが入っており、特にマグネシウムとカルシウム含有量は他の水より多く含まれているので、高血圧や動脈硬化の予防ができます。

バナジウム水

糖尿病の予防効果

バナジウムは血糖値を下げる効果があるので、糖尿病を予防する効果があります。しかし、過剰の搾取は血糖値を必要以上に下げてしまう恐れがあるので、注意して飲みましょう。

ミネラルウォーターの分類について