話題の水素水って
どうなの?

水素水とは、分子である水素が一定以上溶け込んでいるもののこと。学術的には、水素豊富水と呼ばれています。一時期、メディアなどで大きく取り上げられていた水素水ですが、健康効果や安全性についてなど、本当のところはどうなのでしょうか。気になる水素水の情報についてまとめてみました。

体にいいと
大きな話題になった水素水

健康・美容効果があるなどと、さまざまなメディアで紹介されてきた水素水。ドラッグストアやスーパーなどでも関連商品を目にしますが、そもそもどんな効果が謳われていたのでしょうか。まず、水素水の健康・美容効果として注目されたのは「抗酸化作用」。水素水に含まれる水素には、老化や病気の原因とされる活性酸素と結合し、中和(還元)する作用があります。この働きが、糖尿病・高血圧・動脈硬化・脂質異常症・アトピー性皮膚炎などの疾患の改善・予防や、肌のシミ・くすみ・シワの改善といった美容面にも効果があると言われてきたのです。

国民生活センターが
水素水業者に改善を要望

  • 水素水には公的な定義等がなく溶存水素濃度もさまざまです。また、今のところ市場に出回っている商品でトクホ(特定保健用食品)や機能性表示食品として認められたものはありません。

  • 水に溶けている水素ガス(水素分子)は、容器の開封後や水素水生成器で作った後の時間経過により徐々に抜けていきます。

国民生活センター 2016年12月15日 発表情報より
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20161215_2.html

2016年12月15日、国民生活センターは「水素水に健康効果がない」旨を発表しました。国民生活センターでは、市販されている水素水10商品と水素水生成器9商品を調査。その結果、3商品を除く商品は水素を含有していないことが判明したのです。

特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品であれば、効能・効果を表示することが可能ですが、水素水でこれらに認可・届出されたものはありません。にもかかわらず、ほとんどの商品(19商品中13商品)が健康効果を期待させるような表示をしていたのです。国民生活センターはこうした表示が法律違反に抵触するとして業者に改善を要望すると共に、消費者に対して「水素水にトクホはない」「表示されている水素濃度が表示通りとは限らない」ことを強調しています。

そもそも
水素が体にいいとされるのはなぜ?

宇宙でもっとも小さい原子である水素。水素は人の健康を保つうえで重要な働きを持つことが分かってきましたが、なかでも注目されているのが「抗酸化作用」です。これは、老化や病気の原因とされる体内の活性酸素を水素イオンが中和(還元)し、水として体外へ排出する働きのこと。この働きが、生活習慣病の予防やアンチエイジングに効果を発揮すると言われています。ちなみに、水素は選択的抗酸化作用を持つため、体に有毒な活性酸素のみと結合・除去するという特徴があります。

水素水では、体のすみずみまで
水素がいきわたらない

水素は分子が非常に小さくデリケートであるため、上記の国民生活センターの発表にもあるように、ほとんどの水素水・関連商品は水素が抜けている状態です。アルミパウチやボトルといった容器に詰めた水素水は、密閉した状態であればある程度の期間水素を維持できます。しかし、フタを開けた瞬間から水素はどんどん逃げて行ってしまうため、飲むときには普通の水に戻ってしまうのです。水素水生成器で作った水も、同様です。これらの商品を利用しても水素が体の隅々まで行き渡ることはないため、現時点で水からの水素摂取は難しいと言えるでしょう。

水素水炭酸水素イオン
違いとは

炭酸水素イオンとは、水に含まれる成分で唯一のアルカリミネラル。水素と同様に抗酸化作用を持ち、活性酸素の働きを抑制するものとして注目されています。では、水素水と炭酸水素イオンの違いとは何なのでしょうか。水素水は人工的に水素を含有させたもので、アルミパウチ容器などを使っても、濃度を維持するのが難しいとされています。しかし、炭酸水素イオンはナノレベルでもともと水に溶け込んでいるため、水素が抜けることがないのです。そのため、抗酸化作用の効果を失うことなく安心して摂取できます。

ミネラルウォーターの分類について