pickup

要注目!
巷で話題の「シリカ水」とは?

美容や健康意識の高い方から注目され、高い支持を集めている「シリカ水」についての情報を分かりやすくご紹介しています。シリカとは体に必要な希少ミネラルで、コラーゲンの生成・ダイエット・老化防止などに役立つものですが、普段の食生活から十分な量を摂取するのは難しくなっています。そんなシリカを手軽に水で摂取できるのが、話題のシリカ水なのです。

ミネラルウォーター選び方ガイド » 要注目!巷で話題の「シリカ水」とは?
セレブっぽい人の画像

海外セレブから火がついた!「シリカ」って一体何?

シリカ水とは、シリカ(ケイ素)という希少ミネラルを豊富に含む水のこと。ミランダ・カーやレディー・ガガといった有名人・セレブが愛飲していることもあり、日本でもブームの火がつきました。シリカは地殻に多く含まれるミネラルで、人体にも存在しているもの。しかし、体内で作り出すことができないどころか、その量も年齢と共に減少してしまうため、外部から積極的に摂取する必要があります。そこで、十分なシリカを手軽に摂取でき、高い体内吸収率を誇るシリカ水が注目されるようになったのです。

肌を気にする人の画像

健康・美容業界で話題となっているシリカには、驚くような効果がたくさん詰まっています。ここでは、糖尿病・高血圧といった生活習慣病の予防&緩和効果、デトックス作用によるダイエット効果、コラーゲンの生成をサポートする働きによる毛髪の成長促進・アンチエイジング効果についてご紹介。
また、年齢と共に体内のシリカ量が減少する事実や、不足することで見られるトラブル・症状についてもまとめています。

いくつかの水が並んだ画像

シリカ水を選ぶ際に押さえておきたい、「良いシリカ水の条件」についてまとめています。シリカ水をチェックするときに注目したいミネラル含有量、続けやすさを左右する価格などを、シリカ水の代表的な採水地ごとに一覧としてご紹介。
その中でもおすすめの製品をピックアップしていますので、ぜひシリカ水選びの参考にしてみてください。

副作用を気にする人の画像

どんなに美容・健康によいミネラルとされていても、やはり気になるデメリットや副作用。シリカを摂取することによるデメリットはあるのか、気をつけなければならない副作用はあるのかなどを、詳しく調べてみました。シリカ水を飲むことで稀に見られる好転反応についても解説していますので、これからシリカ水を始めようと思っている方は必見です。

妊婦さんの画像

健康や美容によいとされるシリカ水ですが、妊婦さんや赤ちゃんでも利用できるのでしょうか?妊婦さん・赤ちゃんそれぞれが利用する際の安全性と注意点、上手な利用方法についてまとめてみました。また、シリカ水の摂取が適しているタイプとして、「健康志向が高い人」「ダイエットしたい人」「体質改善したい人」などを挙げ、期待できる効果についてもご紹介しています。

お風呂に浸かっている人の画像

「飲む」しかないと思われがちなシリカ水ですが、実は飲む以外にもさまざまな利用方法があります。洗顔や入浴、料理などへの利用方法について解説していますので、上手に使って健康・美容効果を高めましょう。また、シリカを配合した製品(シャンプー・石鹸・入浴剤)の一例と、期待できる効果についてもまとめています。

水を飲んでいる人の画像

多くの人から人気のあるシリカ水。健康や美肌の効果を期待できるミネラルウォーターです。こちらではシリカ水を飲んだ人の口コミをご紹介。「飲みやすくておいしい」「お通じが良くなった」「肌にハリが出てきた」「家族みんなで飲んでいます!」などと高く評価されています。シリカ水の効果が気になる人や美容に興味がある人は、ぜひご参考ください。

「シリカ水」って何?

近年、美容家たちの間で注目を集めているシリカ。これはケイ素と呼ばれる元素であり、粘土や土壌などの構成要素としても知られています。また、人間の体内にも多く含まれており、皮膚や髪、骨など、人間を構成する基本的な要素に使われているのです。しかし、ケイ素は体内で生成することができません。そのため、食品から取り入れることが必要となってきます。

栄養が必要な土壌や、人間の基本的な部分に使われていることから、シリカが重要な要素であることがわかるでしょう。たとえば、シリカの重要な働きのひとつに、体の基礎部分の再生力をサポートするという役割があります。特に皮膚にはたくさんのシリカが入っており、コラーゲンの生成を助ける効果も担っています。健康的な肌や髪を作るには、シリカの存在が欠かせません。

詳しいことはのちほど解説しますが、ほかにもデトックスやアンチエイジングなど、体に良い効果も多くあるため、健康に関心がある人たちからも注目されています。

しかし、シリカであればなんでも良いというわけではありません。シリカは一般的にはケイ酸ともよばれ、鉱物性と植物性の2種類があります。鉱物性には発がん性物質が含まれることがあり、注意が必要です。一方、植物性のものは水に溶けるもので、食品衛生法においても安全性が認められています。

シリカの働き

美肌効果

シリカの働きとしてよく知られているのが、コラーゲンの再生です。さらに、コラーゲン同士をつなぎ合わせる役割を持っていることはご存じでしょうか。コラーゲンは健康的で美しい肌を作る際に欠かせない成分ですから、これだけでも十分に美肌づくりに役立つことがわかるでしょう。

また、エラスチンとヒアルロン酸を結び付け、活発にするサポートをするのもシリカの役割。エラスチンは肌の弾力を保つための成分で、ヒアルロン酸は潤いを保つ成分です。

近年、シリカは化粧品に配合されたり、エステや美容皮膚科で使われたりするようになりました。天然成分だからこそ、美容分野だけでなく医療分野でも幅広く親しまれているのです。

骨、毛髪、爪の再生

シリカはミネラルの一種です。ミネラルは骨や爪、歯、髪などさまざまな部分を構成している要素としても知られています。加齢によって減少していくので、健康的に長生きするためにもシリカを積極的に摂ることが大切です。

骨や爪といえばカルシウムを想像する方が多いでしょう。しかし、カルシウムとともにミネラルをきちんと摂らなければ、健康を維持することは難しいのです。シリカは骨や歯、爪を丈夫にキープするために必要な成分といえるでしょう。特に爪の状態が気になる人にはおすすめ。二枚爪も防ぐことができます。また、シリカは毛細血管の成分のひとつであることから、髪や毛根にとって重要な要素です。髪を美しく保つことは、アンチエイジングにもつながるでしょう。

デトックス

シリカにはさまざまな役割がありますが、中でも注目したいのが食物繊維の主成分であるということ。食物繊維といえば、デトックス効果があることでも知られています。腸内環境を整え、余分なものを排出することから、体の中から美しくなることができるでしょう。

また、血管を再生する力があるため、血管内に脂肪や悪玉コレステロールが溜まっていくのを防いでくれます。これらが溜まっていくと血管も狭くなり、体に老廃物が溜まり、健康状態が悪化することに。シリカはこれらの悪い成分を溜めないように働きかけてくれるのです。

代謝アップ

シリカは体のいたるところに存在しており、体の骨や皮膚、髪などの基礎的な部分を作っています。特に強い抗酸化作用があることから、体が酸化するのを最小限に抑えてくれるのです。体内の細胞を活発化させて血行を良くしてくれるため、代謝アップも期待できるでしょう。傷が治りやすくなるという効果もあるといわれています。

シリカは血の巡りに働きかけることでも知られています。老化していく血管をどんどん作り変えてくれるという役割があるのです。悪いものが体内に留まらないように働きかけ、血流を良くしてくれることから、代謝の改善にもつながっていくことでしょう。先述のようにデトックス効果もありますから、体を浄化させてくれる成分として活躍してくれるのです。

さまざまな病気の予防

体内の細胞を活発にさせたり、血の巡りを良くしたりと、シリカにはさまざまな役割があります。このことは、病気の予防にもつながるでしょう。たとえば、脂肪や悪玉コレステロールを留めないようにすることで、動脈硬化などの障害を引き起こさずに済みます。動脈硬化は脂っこいものを食べすぎるなど、栄養バランスの悪い現代人にとって起こりやすい症状です。シリカによって最小限に抑えられるのは嬉しいところでしょう。また、抗酸化作用を持っており、血液を全身に上手く行きわたらせるように働きかけてくれます。そのため、心臓疾患や脳神経の障害を減らすことにも役立つのです。

シリカ不足だとどうなる?

前述した通り、シリカは体のさまざまな部分に分布し、肌や髪、骨などの基礎要素の働きをサポートしてくれています。シリカがあるからこそ、わたしたちの体の健康が保たれているというわけです。シリカがなくなることはつまり、体の重要な要素を不足させてしまうということを指します。たとえば、肌や髪、骨、爪、歯などの老化が進んでしまうでしょう。

これらの老化は、結果として骨粗しょう症のリスクを高めることになります。シリカはカルシウムをしっかり吸収するためにもよく働いてくれますから、不足すると骨の病気にもつながるのです。また、髪の老化も招き、抜け毛が増えてしまうことにもなるでしょう。シリカが不足することによって、体が衰えてしまうのです。

シリカは人間の体に欠かせない成分であるにもかかわらず、体の中で生成することができず、年齢とともに減少してしまいます。特に20歳を過ぎたころから徐々になくなっていくため、大人になればなるほどシリカ不足が深刻に。だからこそ、積極的に食事などからシリカを摂る必要があります。放っておくのは好ましくありません。健康維持のためにも、意識的に取り入れる必要があるといえるでしょう。

何に含まれている?

では年齢とともに少なくなっていくケイ素を、どうやって摂取していくべきなのでしょうか。じつのところケイ素は地球でもっとも多い元素であるため、さまざまな食材に入っています。代表的なものでいえば、キビ、小麦、ジャガイモ、青のり、アサリ、昆布、大豆、ゴボウ、ワカメの茎などです。普段から食べているという人も多いかもしれません。特にワカメはシリカの含有量が多いことで知られており、100gあたりおよそ4.8mg入っています。

手軽で確実にケイ素を摂取できるのが、ミネラルウォーターです。シリカ水と呼ばれるシリカを豊富に含んだミネラルウォーターであれば、さらに良い効果が得られます。

科学が発達した現代でも、シリカは人工的には作られておらず、自然のものを摂取しなければなりません。日々の食事やミネラルウォーター、サプリメントなど、さまざまな飲食物で補うようにしましょう。バランスの良い食事が難しいという人でも、シリカ水であれば普段の水分補給として摂取できるのでおすすめです。

1日の摂取量の目安

シリカの摂取量は、1日9mgが必要であるとされています。前述した食材でいえば、ワカメ200g分になるため、ずいぶん多いと感じる人もいるのではないでしょうか。近年では加工食品の台頭もあり、日常的な食事だけで必要量を摂取するのは難しくなっています。そこでミネラルウォーターやサプリメントなど、基本的な食事以外からも摂取するのが望ましいでしょう。

摂りすぎたら悪影響ではないかと心配される方もいるかもしれません。しかし、シリカの場合、摂りすぎても自然と体外へ排出されます。過剰摂取を心配する必要がないのはうれしいポイントでしょう。体内に取り込まれたシリカは、2時間ほどかけてじっくりと吸収されます。余分に摂取したものは、尿として体外に出ていく仕組みです。

シリカ水で摂取するとすれば、1日に1~2ℓくらいが目安となります。シリカ水は水溶性のシリカ単体と違い、それが溶け込んでいる水です。そのまま飲むこともできますし、お茶やコーヒー、料理に使うこともできます。ただし、過剰摂取の心配がないとはいえ、一気に飲むのは好ましくありません。シリカ水で摂取するときはいきなりがぶがぶ飲まず、配分に注意しましょう。

ミネラルウォーターの分類について