成人病の緩和

現代人の健康をおびやかす「生活習慣病」とはどのようなものか・何が原因となっているのか、といった情報について分かりやすく解説しています。また、シリカが生活習慣病の予防に役立つ仕組みについてもまとめていますので、こちらもぜひチェックして参考にしてみてください。

生活習慣病とは
喫煙飲酒などがもたらす現代病

生活習慣病とは、日々の好ましくない生活習慣が原因で起こる病気の総称。好ましくない生活習慣としては、喫煙・過度の飲酒・食習慣の乱れ・運動不足・ストレスなどが挙げられます。これらの生活習慣が積み重なると、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの症状が進行。これらの症状は自覚症状に乏しいため、知らず知らずのうちに症状が悪化してしまうのが特徴です。心臓・血管・脳などにじわじわとダメージを与えていき、命に関わるような重篤な疾患(心筋梗塞・脳出血など)を引き起こすこともあります。

  • 糖尿病

    糖尿病とは、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が持続的に高くなる状態。この状態を、高血糖と呼びます。高血糖の状態が長く続くと次第に血管・神経などが傷ついていき、体にさまざまな障害が見られるようになります(神経障害・麻痺・失明など)。しかし、糖尿病は初期段階で特徴的な症状が現れないため、定期的に検査などをしないと気づかないケースがほとんどです。

  • 高血圧

    高血圧とは、安静時の血圧が収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上の状態を指します。高血圧になると血管に継続的な負担がかかるようになり、血管の柔軟性低下・内壁の損傷などが続き、動脈硬化を引き起こしやすくなります。さらに高血圧を放置すると動脈硬化はどんどん進行し、脳梗塞・脳出血・心筋梗塞・慢性腎臓病といった重大な病気に繋がりやすくなるのです。ちなみに、高血圧にもこれといった自覚症状は見られません。

「糖尿病」「高血圧」の原因は血糖値にある!

原因を知り、適切な対策を練るために

血中のブドウ糖濃度が高い状態が続くと糖尿病になりやすくなりますが、実は高血圧にも関係があります。血糖値が高いと細胞内外の浸透圧バランスが崩れ、細胞外(ブドウ糖を含む血液)の浸透圧が上昇。すると、体は浸透圧のバランスをとろうとし、細胞内から細胞外への水分排出を促します。その結果、全身をめぐる血液量が増加して高血圧になってしまうのです。血糖値の適切なコントロールは、糖尿病だけでなく高血圧の予防にもつながることを覚えておきましょう。

わかっているけどできない
毎日の運動などの”生活習慣病予防”

多くの現代人が直面している運動不足問題

不規則な生活リズム・食生活の乱れ・運動不足・睡眠不足など、これらの悩みは現代人がかかえやすいもの。そして、血糖値の上昇および生活習慣病の原因となっているものです。これらを予防するには、規則正しい生活リズム・正しい食生活(栄養バランスのとれた食事・量を腹八分目に抑えるなど)・適度な運動(1週間で500kcal以上の消費)・禁煙・禁酒・疲労やストレスの解消などが求められます。しかし、正しい生活習慣が重要であるのは分かっていても、それを毎日実行するのはなかなか難しいものです。

毎日続けられる予防法はシリカ(ケイ素)の摂取!

手軽に高い効果が期待できる

毎日手軽に続けられる生活習慣病の予防法として挙げられるのが、シリカの摂取。シリカは老化や病気の原因となる活性酸素を除去し、体外に排出する効果を持っています。活性酸素は動脈硬化の原因ともなるので、これを除去することで血液をサラサラの状態に保つ効果が期待できます。ある研究によれば、動脈硬化が進行している人は血管内のシリカ量が非常に少ないという報告もあるのです。シリカの摂取方法にはサプリやミネラルウォーターが挙げられますが、毎日ムリなく続けやすいのはミネラルウォーター。体内吸収率が100%に近く、生活に欠かせない水分補給と一緒にシリカを摂れるのがメリットです。

予防だけではなく症状緩和も期待できる

症状が出ても、諦めるにはまだ早い

シリカは活性酸素を除去・体外に排出する効果を持っていますが、この働きは間接的に血糖値を下げる効果を持つと言われています。活性酸素が排出されるとドロドロだった血液がサラサラになりますが、このドロドロ血液の原因となっているのがブドウ糖。血液がサラサラになるということは血糖値のコントロールがなされている証拠なので、高血糖の諸症状を緩和する効果も期待できるのです。実際、継続的にシリカを摂取している方で、血液検査の結果が大きく改善するケースも少なくないようです。

ミネラルウォーターの分類について