動脈硬化への働きかけ

動脈硬化はさまざまな生活習慣病を引き起こす要因になります。一般的に中高年世代が掛かりやすいとされていますが、実は生まれてすぐに動脈硬化は始まっているのです。動脈硬化は徐々に進行していき、大きな病気を発症してしまうのが中高年世代とのこと。動脈硬化の原因や改善方法をピックアップしたので、詳しく情報を知って改善・予防をしていきましょう。

動脈硬化とは?

血管がダメージを負っている状態

サイレントキラーの異名をもつ動脈硬化。老化や肥満によって血管が硬く、もろく、狭くなることです。4人に1人が動脈硬化による疾患で亡くなっているほど。動脈硬化になると、栄養や酸素が身体全体に届きにくくなります。動脈硬化は徐々に進行していくため、初期の段階では痛みや不快感などの自覚症状がありません。

動脈硬化の仕組み

コレステロールが血中に届くと、血管の壁に入る性質があります。コレステロールが多いと、どんどん血管の壁内に蓄積されてしまい、血管が硬くなり弾力性が失われることに。動脈が硬くなるだけであれば、大きな問題ではありません。

しかし、コレステロールが溜まりすぎるとプラークと呼ばれる塊になります。プラークが破れてしまうと、血栓ができてしまい血流が妨げられることに。そうなると身体の隅々にまで栄養や酸素が行き届かなくなります。さらに、血栓によって血流が妨げられることで、脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気を招いてしまうのです。

動脈硬化を悪化させる原因は?

高血圧、高血糖、肥満、喫煙などが動脈硬化を悪化させる原因になります。それぞれの特徴をみてみましょう。

高血圧

血管に圧力がかかることで弾力性が低下。悪玉コレステロールを血管の壁から吸収させやすくします。

高血糖

悪玉コレステロールが酸化しやすくなり、動脈硬化を進行させます。

肥満

内臓脂肪が多くなることで血中の悪玉コレステロールが増加して、善玉コレステロールが減少します。

喫煙

悪玉コレステロール自体は増えませんが、善玉コレステロールを減少させる原因に。さらに悪玉コレステロールが血管に入り込みやすくなります。

動脈硬化になる原因には食生活も関係しています。脂肪の多い動物性の高カロリーな食事は中性脂肪や悪玉コレステロールを増やしてしまうもの。動脈硬化を改善するには、食事や生活習慣の見直しが必要です。ストレスを溜めないことも重要。

肉や魚、野菜などをバランスよく食べて、身体に必要な栄養を取り入れましょう。また、適度な運動を行なうことで血流が良くなり、ストレス発散にもなります。喫煙や飲酒習慣がある人は本数や量を控えることかが大切。日常でできることからはじめて、健康な血管を取り戻しましょう。

動脈硬化を改善するにはケイ素を取り入れるべき!

ケイ素が不足することで、血管に脂肪がたまりやすくなり動脈硬化を招くこともあります。ほかにも骨がもろくなったり、皮膚がたるんだりとさまざまなダメージが。ケイ素は身体中にある60兆個の細胞に栄養や酸素などを行き届かせる物質です。

動脈硬化を含む身体のダメージを改善するには、ケイ素を十分に補う必要があります。しかし、ケイ素は体内で生成できないため、食事から摂らなくてはなりません。ケイ素の1日の摂取目安量は成人で40mg以上です。食品100gあたりに含まれるケイ素の量は、大麦が233mg、ジャガイモ200mg、のり62、番茶10mgなど。一見するとケイ素を多く摂れそうですが、食材によっては人体への吸収率が低いものや、高カロリーで逆に動脈硬化を招くなど、身体に影響を及ぼす可能性もあります。充分な量を毎日食事から摂るのは簡単ではありません。

日常で手軽にケイ素を接収するなら、ケイ素を含んだミネラルウォーターやサプリメントを取り入れるのがおすすめ。とくにミネラルウォーターなら毎日飲むことができるので、ケイ素を摂取しやすくおすすめです。

ミネラルウォーターの分類について