シリカ水を飲むとどんな美容効果がある?

硬水のミネラルウォーターに含まれるマグネシウムやカリウムなどのミネラル成分。それらと一緒に含まれているシリカやそのほかの成分は、健康に働きかけてくれますが、美容に関してもさまざまな効果をもたらします。
このページではシリカ水に含まれるミネラル成分を中心に、飲むことで期待できる美容効果を紹介しているのでチェックしてみてください。

代謝アップダイエット効果

シリカ水に含まれる「サルフェート」には新陳代謝を上げる働きがあります。代謝が上がると、カロリーの消費も高まるので、自然と痩せやすい体質に変化していくのです。
サルフェートを摂取することでダイエット効果を得られるのではなく、基礎代謝の向上・基礎燃焼カロリーの上昇によってダイエットに働きかけます。
食事制限によるダイエットを実践する方もいると思いますが、無理な制限は禁物。生活の中にウォーキング程度の軽い運動を取り入れることをおすすめします。
基礎代謝は年齢を重ねるごとに低下していく傾向にあるので、シリカ水からサルフェートを取り込むことで、代謝活性化を促進。ちょっとした運動でも燃焼力を高めてくれるので、これまで成果が得られなかったダイエットにも効果を期待できますね。
さらに、ミネラル成分「バナジウム」は脂肪燃焼を促進する作用を持っています。サルフェートによる代謝アップに相乗効果を発揮するでしょう。
運動時やお風呂上がりなどで失った水分を補給する時に、シリカ水を選んでみるのもいいですね。

デトックス効果・便秘解消

代謝活性化の効果がある「サルフェート」ですが、ミネラル成分「バナジウム」とともに持つデトックス効果も、美容を考える上で嬉しい効果の1つです。
サルフェートの持つ利尿効果で、体内の不純物を腎機能を通して、ろ過・排出に促します。バナジウムデトックス効果で腸内環境を整え、便通の改善もあるので美容において大事なことですね。
シリカは悪玉コレステロールを排出したり、血糖値を整えたりする働きもあります。これらが作用することで、血液がサラサラになり血流が改善されるでしょう。
血流が良くなることで、全身の細胞に栄養が行き届くようになり、さらなるデトックス効果をもたらします。

肌のうるおいを保つシリカ

肌のうるおいを保つにはコラーゲンやヒアルロン酸を摂取することが大事だと言われていますが、実はこれらを摂取するだけではお肌に充分な効果を得られません。
シリカはコラーゲンと結合することで保水力を高める効果や、コラーゲンの生成をサポートする働きを持っています。そのためシリカが不足すると、上手くお肌の保水力が保てず、乾燥・たるみに繋がってしまうのです。コラーゲンを積極的に摂るよりもシリカを摂取するほうが効率的という考えが、海外セレブの中でも新常識として広がっているほど。
いつもの美容ポイントにワンプラスでシリカ水を飲む習慣を作ることで、お肌の弾力を取り戻せます。

髪や爪をきれいにする

コラーゲン成分をつなぎ合わせるシリカは年齢を重ねるごとに減少していき、40歳までには半分に減少してしまいます。体内で生成することはできないので、食物から摂取する成分の1つです。
髪のパサつきや枝毛、二枚爪や割れやすい爪はありませんか?これは髪や爪に充分栄養が行き届いていないことを表しているのかもしれません。肌と同様に、髪や爪も皮膚の一部分なので、コラーゲンの働きは必要なのです。
シリカを食材から摂取することもできますが、現代の食生活ではあまり食卓に並ばない、キビや大麦などの穀物に多く含まれています。
食事で補給できない場合は、手軽な方法としてシリカ水を食卓に並べることから始めてみるのはいかがでしょうか。

むくみを防ぐ

シリカ水に含まれるカリウムは体内の余分なナトリウムを体外へ排出する作用を持っています。
本来、細胞内は一定の浸透圧に保たれていますが、ナトリウムの過剰摂取やカリウムの不足によって、体内細胞の浸透圧バランスが崩れてしまうのです。そのバランスの崩れによってむくみが起きてしまいます。
ナトリウムは腎臓で吸収されますが、カリウムによって体内に吸収されるの押さえ、不純物として排出されます。これによって体内細胞の浸透圧が一定に保たれ、むくみを防ぎます。また、不要なナトリウムを吸収しないで済むので、血圧の上昇にも抑制をかけてくれるのです。
こまめに水分を取ることも大切ですが、しっかりとミネラルを含む水を飲むことがむくみ解消のポイントなので、シリカ水は特におすすめですね。

シリカ水と美容の関係

135 ここまで、デトックス効果・ダイエット・コラーゲンの生成など、シリカ水がもつ美容への効果を分かりやすく紹介してきました。しかし、美容だけでなく健康にも働きかけるシリカ水。肝心の飲み口もミネラルウォーターと変わることはありません。
まずは1本手に取ってみてはいかがでしょうか。

ミネラルウォーターの分類について