シリカ水は認知症に効果がある?

アルツハイマー型認知症・若年性認知症・まだら認知症・レビー小体型認知症など、認知症にもさまざまな種類があります。とくにアルツハイマー型認知症は、世の中でもっとも多く、全体の6割を占めるほど。こちらのページでは、アルツハイマー型認知症に焦点を置いて、認知症とはなにかご紹介していきます。認知症とシリカの関係についても調べてみました。

認知症とは?

認知症は脳が原因で発症する病気です。脳細胞が死んでしまうことで、脳の働きが悪くなり記憶障害や生活に支障をきたす状態のこと。認知症ははっきりとした病名ではなく多くの種類があり、病気というよりも「症候群」として扱われています。

物忘れと認知症の違い

物忘れは加齢により起こります。脳が老化することが原因で起こるため、物忘れの場合、ヒントを多く出せば思い出すことができるのが特徴。また、忘れた本人にも物忘れの自覚があります。進行性ではないため、日常生活に影響を及ぼすことはありません。
認知症は、脳の神経が急激に破壊されることで起こります。物事全体についてスッポリと忘れてしまい、ヒントを与えても思い出すことができません。本人に自覚がなく、進行性であるため、徐々に生活に支障をきたすのが特徴です。

約6割がアルツハイマー型認知症と診断される

認知症にはさまざまな種類がありますが、なかでも多いのがアルツハイマー型認知症です。なぜアルツハイマー型認知症を発症してしまうのでしょうか?そのメカニズムを解説します。

特殊なたんぱく質が神経細胞を破壊する

アルツハイマー型認知症の場合、脳にアミロイドβ・タウと呼ばれる特殊なたんぱく質が蓄積されることで発症します。神経細胞を徐々に破壊していくため、認知に関わる機能に障害が発生。脳全体が委縮していき、身体の機能も失われてきます。

異変はいつから起こる?

アルツハイマー型認知症では、「最近の出来事を忘れてしまう」といった症状が見られます。記憶を司る海馬に異常が起こり、最近のことを記憶できなくなるのが主な特徴です。しかし、このように記憶症状が出る何年も前から脳には異変が起きています。早期発見により発症を緩やかにすることが可能です。

シリカ(ケイ素)が認知症を予防する!驚きの研究結果

フランスの病院で行われた研究によると、ケイ素を多く含んだ水を定期的に摂取している人の認知機能は長く保たれることがわかりました。この研究はフランスにある5つの地域に住む、75歳以上の女性7598人を調査対象として1992~1994年の2年間にわたって行われた研究です。この5つの地域のうち、さらに1つの地域に限って1462人の女性を対象に厳選。7年間の研究を行なうことになりました。

研究では、アルツハイマーの羅漢率を調べ、摂取している水分量とその水分に含まれるシリカ、カルシウム、アルミニウムの量や食べ物の消費量を調査。そのうえで、被験者に対して認知機能のテストを実施しました。結果では、シリカを多く含む水を飲んでいる女性は認知機能が保たれていたとのこと。シリカ水はアルツハイマー病の発症を抑えてくれると結論づけられました。 ただ、「具体的な作用についてまだまだ研究の必要がある」とも報告されています。研究の余地があるシリカ水ですが、今後の認知症予防に期待ができますね。

ミネラルウォーターの分類について