シリカ(ケイ素)と花粉症の関係性

花粉症は季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれるもので、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどが生じます。毎年春に飛散するスギ花粉が代表的です。ほかの季節にもさまざまな種類の花粉が飛散するため、症状が起こる季節は人によって異なります。こうした花粉症の仕組みや予防と対策、シリカ水との関係について探っていきましょう。

花粉症の起きる仕組みと症状

花粉症は体内の免疫機能によって引き起こされます。つらいくしゃみや鼻水、鼻づまりにも理由があるのです。花粉症はどのような流れで起こるのか、そのメカニズムについて見ていきましょう。

花粉症の起きるメカニズム

花粉症は以下のような順序によって生じます。

  1. 花粉というアレルゲンに対して、免疫機能が体内に受け入れるかどうか判断
  2. 免疫機能は花粉を侵入者と認識し、排除しようとする
  3. 花粉に対抗するための「IgE抗体」という物質が作られる
  4. 再び花粉が体内に侵入すると、鼻や目の粘膜にあるIgE抗体と結合
  5. IgE抗体が付着している細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌され、花粉をできる限り体外に排出しようとする
  6. くしゃみで吹き飛ばす、鼻水や涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないなどの防御反応が起こる

花粉症を防ぐためには

花粉症の症状を軽くするためには、花粉を体内に入れないことが必要不可欠です。普段から花粉が身体に付着しない生活を心がけるとともに、あまりに症状がひどい場合には内服薬や目薬などでケアしましょう。

予防法

粉症の予防に必要なのは、花粉との接触を極力なくすことです。普段からできる予防法を紹介します。

風が強い日は外出を控える
特に昼前~午後3時頃が花粉の飛ぶピークなので外出はやめましょう。
メガネやマスクで顔の周りを守る
目、鼻、口から花粉の侵入を防ぐことができます。
衣服の素材に気を付ける
花粉が付きにくい、すべすべした素材の服を着ましょう。
花粉を室内に持ち込まない
玄関先で衣服や髪の毛に付いた花粉を払います。
帰ったら手洗いうがいをしっかりと
このときに目も洗うと効果的です。

これらの予防法は花粉シーズンに入る2週間ほど前から行うようにしましょう。花粉症を軽くすることができます。

対処法

花粉症の薬には主に3種類あります。

内服薬
くしゃみや鼻水、鼻づまりの原因となるヒスタミンを抑える成分が入っています。鼻や目、のどなど、つらい症状を和らげてくれるものです。眠くなりにくい漢方薬もあります。
点鼻薬
鼻水や鼻づまりを止めるための薬です。内服薬と比べて、眠気が起こりづらいというメリットもあります。
目薬
目のかゆみや充血を和らげるための薬です。さまざまな種類があります。

ケイ素(シリカ)は花粉症を治す!?

花粉症にはヨーグルトが効くと聞いたことがあるかもしれません。花粉症対策には、腸内環境を整えることが重要だからです。腸内環境が良くなると免疫細胞のバランスが良くなり、アレルギーの原因となるIgE抗体の生成を抑えることができます。

腸内環境の改善にはシリカ水も有効です。シリカ水は腸で吸収されるため、腸の新陳代謝がアップし、腸の蠕動運動をうながしてくれます。結果的に、花粉症の緩和にもつながるでしょう。これに加えて、シリカ水が持つデトックス効果やバリア機能の向上も花粉症対策に有効と考えられます。

ミネラルウォーターの分類について