シリカ(ケイ素)と頭痛の関係性

頭痛や片頭痛に悩んでいる方は少なくないでしょう。命に別条がない頭痛であっても、頻繁に起こると日常生活に支障をきたしてしまいます。また、なるべく薬を飲みたくない方も多いでしょう。この記事では頭痛のメカニズムや頭痛の種類についてご紹介。頭痛の改善方法や、シリカ水との関係性についても説明します。

頭痛はどうして起きる?

頭痛の原因は人によってさまざま。中にはくも膜下出血や脳腫瘍など、命に関わる頭痛もあります。一方、日常的に起こる頭痛は慢性頭痛と呼ばれ、筋肉の緊張や血管の拡張などが原因です。

生活の中で起こる頭痛

風邪や二日酔いといった原因で起こる頭痛です。このタイプは、頭痛の原因を解消することで治ります。アイスクリームやかき氷を食べて痛くなるタイプや、髪を結ぶことで痛くなるタイプの頭痛もあります。このタイプは刺激となる動作を避けることで、予防や軽減が可能です。

慢性頭痛

慢性頭痛は原因となるほかの病気がなく、繰り返し起こる頭痛です。主に下記の3つのタイプに分けられます。

片頭痛

ズキンズキンと脈打つような痛みが続きます。頭の片側に起こることが多いです。通常月に1~2回程度、多いときには週に1~2回起こります。吐き気や嘔吐を伴うこともあり、動くと痛みが悪化するタイプです。

緊張型頭痛

頭全体が締め付けられるように痛むタイプの頭痛です。頭全体や後頭部、首筋を中心に痛みます。片頭痛との大きな違いは、動くことで痛みが軽くなることです。

群発頭痛

目の奥がえぐられるような激痛で、痛くてじっとしていられないのが特徴。1日に1~2回起こることが多く、1回の痛みは15分から3時間程度続きます。

頭痛のメカニズム

一般的に頭痛の原因は血管の膨張によるものが多いと言われています。血流が増大して血管が膨張することにより、血管を取り囲む三叉神経が圧迫・刺激を受け、痛みを引き起こす炎症物質が発生。三叉神経は脳の中でも最も大きな神経なので、このあたりに炎症が起こることで頭痛が発生してしまうのです。

頭痛解消は血流改善が関係

慢性頭痛には血流が大きく関わっています。特に緊張性頭痛は血流が流れにくくなるのが主な原因なので、血流を改善することが頭痛そのものの改善につながるのです。長時間同じ姿勢を取らないことや、ストレッチを行うことで、血流の改善を図りましょう。

また、片頭痛にも血流が関係していると考えられています。片頭痛は血管が広がることで起きると言われていますが、普段血管が収縮しているからこそ、反動で血管が異常に広がってしまうのです。普段から血流を良くすることで、片頭痛の改善も期待できるでしょう。

ケイ素(シリカ)で頭痛対策

シリカ水には血流を良くする働きがあります。体全体に酸素や栄養素を運んでくれるうえに、疲労物質や

老廃物をデトックスする効果も期待できるでしょう。ケイ素には血管の若さを保つ働きもあるため、血管の縮小や拡大を防ぐことができ、結果的に頭痛の予防も期待できるのです。

また、水分不足が頭痛の原因になることも少なくありません。それほど喉が渇いていなくても、いつのまにか脱水症状になっていることがあります。シリカ水で適切に水分補給をすることによって、頭痛を緩和することができるでしょう。

ミネラルウォーターの分類について