シリカ水はパーキンソン病を緩和する?
その効果とは

ケイ素は美容や健康に役立つ、注目の成分です。美白・美肌・老廃物除去のほかにも、動脈硬化・PMS・認知症予防の効果を期待できる優れもの。さらにドーパミンの減少が原因で起こる、パーキンソン病にも有効だと言われています。手足が震える、筋肉にこわばりがあるなど、さまざまな症状が出るパーキンソン病。発症の原因やケイ素が効果的な理由をまとめてみました。

パーキンソン病とは?

日本で特定疾患として認定されているパーキンソン病。1000人に1人の割合で発症すると言われています。50代で発症する人がもっとも多く、20代や70代でも発症する人も。パーキンソン病になると、手足の運動能力低下・便秘・多尿・不眠症・うつ病を併発することもあります。とくに便秘症の男性の場合、パーキンソン病にかかるリスクが3倍以上という研究データもあるそうです。神経伝達の重要な役割を果たすドーパミンの減少が関わっていると解明されていますが、具体的な原因は解明されていません。

パーキンソン病の進行について

進行状態は緩やかで、気づかないうちにパーキンソン病を発症している場合があります。症状は身体の片側から出はじめて、悪化すると日常に支障をきたしてしまい、寝たきりの状態になることも。根本的な治療法が解明されていない病気ですが、早い段階で発見できれば進行を遅くすることができます。

パーキンソン病が発症するメカニズム

パーキンソン病発症の原因にはドーパミンの極端な減少が挙げられます。神経細胞のバランスが崩れることで、運動にまつわる神経伝達に異常をきたしてしまい発症する病気です。ドーパミンは黒質細胞と呼ばれる細胞から作られます。中脳の下の位置にある細胞です。ドーパミンの分泌の減少=黒質細胞の減少ということになります。これがパーキンソン病の発症のメカニズムです。パーキンソン病は一説によると、体質や遺伝が関わっているとされています。しかし、なぜドーパミンが減少してしまうのかは解明されていません。パーキンソン病を発症すると、認知症といった病気を合併することもあります。早期発見・早期治療によって、大きな支障なく、社会生活を送ることが可能です。治療方法は投薬治療・運動などがありますが、生活上ではとくに制約はありません。

パーキンソン病の治療では、薬によってドーパミンを補う場合や運動機能に支障があれば運動療法を行なうことも。また、症状に改善が見られない場合は、手術によって脳に電気や磁気で刺激を与える深部刺激療法を勧められることもあります。

ケイ素(シリカ)でパーキンソン病が改善される?

脳にはさまざまな脳内神経伝達物質があります。病気に関わる脳内の物質には、ドーパミンをはじめ、セロトニン、ノルアドレナリン、ベータエンドルフィン、アセチルコリンが存在。ケイ素には、脳内物質を安定させる効果があります。ケイ素不足に陥ると、これらの脳内物質が激減してしまい、うつや不安症といった、精神にまつわる病気を発症することも。ケイ素を十分に補って挙げることが、パーキンソン病をはじめ、さまざまな脳内物質に関係する病気には大切です。

ケイ素は人間の身体の中で重要な役割を果たしますが、体内で作り出すことができない物質なので、食品から摂らなくてはなりません。どのような食品にも含まれていますが、食品にはケイ素以外にも多くの栄養素が含まれています。そのため、効率よくケイ素を摂取することが難しい場合も。効果的にケイ素を摂るなら、ケイ素を含むシリカ水がおすすめです。手軽に飲むことができて、ケイ素のほかにもナトリウムやカルシウム、マグネシウム、カリウムなどの成分が豊富。簡単に健康維持に役立ちます。

ミネラルウォーターの分類について