シリカ(ケイ素)がシミに効果がある原因

美容と健康にいいとされ、いま世界中で話題を集めているシリカ(ケイ素)水。日本の芸能人や海外セレブたちがこぞって愛用しているので、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。そんなシリカ(ケイ素)水は、「シミの改善に効く」と言われています。肌や髪をキレイに保ってくれるだけではなく、気になるシミにも効果的となると、その仕組みが気になりますよね。ここでは、シリカ(ケイ素)水がシミにいいとされる理由を解説します。

ミネラルウォーター選び方ガイド » 要注目!巷で話題の「シリカ水」とは? » シリカ水に期待できる効果とは » ケイ素がシミに効果があるって本当?シリカ(ケイ素)水の働き

シミができるわけとは

シミができるのは、メラニンが紫外線を浴びることによって増え、色素沈着を起こすからです。人間の皮膚は層になっており、一番下の層にある“メラノサイト”という細胞からメラニンが作られます。メラニンは本来紫外線を吸収して体を守ってくれる存在であり、決して悪者ではありません。通常の肌の状態だと、紫外線によって生成されたメラニンは、肌の細胞分裂による生まれ変わりで外に押し出され、垢となって排出されます。これが、よく聞くことのある「ターンオーバー」です。しかし加齢などの理由によりターンオーバーが遅れると、正常にメラニンが排出されず、色素沈着を起こすことがあります。これがシミの原因です。

シミを改善する方法

シミがあるとどうしても顔全体が老けた印象になってしまうため、多くの人の悩みの種になっています。気になる厄介なシミは、どうやって治せばいいのでしょうか?シミの改善には、「レーザーなどの治療」、「美白化粧品の使用」、「ターンオーバーの促進」などの方法があります。速攻性があるのは、やはりレーザーなどでの治療です。また、美白化粧品も効果的ですが、成分によっては肌荒れなどのトラブルを起こすことがあります。ターンオーバーの促進は体の働きを利用した最も自然な方法で、時間は少しかかりますが肌自体を健康的な状態に持っていくことができます。

シリカ(ケイ素)シミに効く理由

シリカ(ケイ素)がシミに効くとされている理由は、先に説明した「ターンオーバーの促進」に対して効果があるからです。シリカ(ケイ素)はもともと体内にある成分ですが、加齢などとともに量が減っていきます。減少したシリカ(ケイ素)を補うことにより、肌のなかにある皮膚細胞の代謝を上げることが可能です。その結果、正常なサイクルでターンオーバーが起こり、遅れ気味だったメラニンの排出を助けることができます。ターンオーバーが正しく起こると、皮膚の中に残っていたメラニンを外へ出し、シミが薄くなっていくのです。

効果的な使い方

シリカ(ケイ素)が含まれる水を飲むことで、体内に不足しているケイ素を効率的に補うことができます。また、コットンなどにシリカ(ケイ素)水をたっぷりひたして、シミのある部分をパックすることも効果的です。乾燥によってコットンに肌の水分を奪われないよう、パックの時間は5~10分程度にしましょう。

まとめ

シリカ(ケイ素)水がシミにいいとされているポイントは、「肌のターンオーバーを促して、健康的な肌に導いてくれる」ということです。レーザー治療や美白スキンケア剤も確かに効果的ですが、肌自体を健康な状態へしておくことはとても大切です。ありとあらゆる美容治療やスキンケア方法も、根底から健康できれいな肌を保っておくことには敵いませんよね。シリカ(ケイ素)水のいいところは、飲んで、そして肌につけてと、体の内外から取り入れることができる点です。毎日の習慣としてシリカ(ケイ素)水を飲用し、スキンケアアイテムとして肌に使用し、体の内と外からWで摂取することによってよりたくさんの効果が実感できます。シリカ(ケイ素)不足を解消して、シミ改善を目指しましょう!

ミネラルウォーターの分類について