シリカ(ケイ素)水の薄毛への効果

シリカ(ケイ素)水が薄毛対策に役立つという話を聞いたことはありませんか。肌や髪の健康にいいとされているシリカ(ケイ素)水は、多くの人を悩ませる薄毛や抜け毛にも効果をあらわしてくれます。今ある髪をキレイにしてくれるだけではなく、薄毛や抜け毛などの体質を改善してくれるなら、こんなに嬉しいことはありませんよね。ここでは、シリカ(ケイ素)が薄毛に効くメカニズムや、効果的にケイ素を髪に取り入れる方法などを紹介します。

ミネラルウォーター選び方ガイド » 要注目!巷で話題の「シリカ水」とは? » シリカ水に期待できる効果とは » シリカ(ケイ素)の力で薄毛が治る?薄毛の理由、シリカ不足かも

薄毛になってしまう原因とは

薄毛だけに限らず、抜け毛や白髪などの毛髪トラブルはどうして起こってしまうのでしょうか。原因は、ずばり“老化”にあります。老化という言葉だけを見ると、まだそこまで歳をとっていない人はショックを受けてしまいますよね。しかし、老化という言葉は単に年齢だけではなく、加齢によって体の内部の機能が低下してしまうことも指しています。老化現象が起こる原因は、酸素を吸って生きていれば必ず発生する“活性酵素”という酵素にあります。活性酵素には、体に入ってきた菌を攻撃するなどの働きもありますが、同時に体内を酸化させる作用もあります。体が酸化を起こすと、血管や内臓の機能を低下させてしまうのです。金属が酸化してサビていくイメージですね。血管や内臓の機能が低下すると、摂取した栄養が上手に体中に行き渡りません。その結果、新陳代謝の動きが鈍り、髪を作る細胞がうまく働かず、薄毛や白髪などの原因になってしまいます。

シリカ(ケイ素)を取り入れると髪はどうなる?

「シリカ(ケイ素)が薄毛に効く!」という話を聞くと、ケイ素自体に発毛・育毛効果があるように感じますが、実際にはそのような作用はありません。ケイ素には、コラーゲンの動きを活性化させたり、髪の生え変わりを含む新陳代謝を活発にさせたりする働きがあります。そのため、髪の再生力を高め、血管を強くしていくことが可能です。その結果、血液に乗って栄養素が十分に体中に行き渡り、髪を作る細胞が上手に働くことによって、発毛効果を得ることができます。髪を生えさせたり伸ばしたりするという直接的な効果ではなく、髪を作る土台の部分から体質を改善できるものだと考えてください。

薄毛に効果的なシリカ(ケイ素)の使い方

シリカ(ケイ素)水を日常的に必要量飲むことだけでも、髪質を改善することができます。紙質の改善には時間がかかりますが、飲み始めてから1カ月程度で効果を実感できる人が多いようです。また、シャンプーや育毛剤にケイ素を混ぜて使用することも効果的です。ケイ素の浸透力やクレンジング力を利用して、育毛剤やシャンプーの髪にいい成分を効果的に取り入れることができます。最も直接的なのは、シリカ(ケイ素)水を頭皮に塗って使用することです。シリカ(ケイ素)水をスプレー容器などに入れて頭皮に塗布し、マッサージしてみましょう。余分な皮脂を落とし、髪を強くする土台を作ってくれます。

シリカ(ケイ素)は髪質を含めた体質を改善してくれる効果があります。育毛や発毛といった直接的な効果はありませんが、髪が生えてくる土台の部分を健康的な状態にしてくれるため、結果的に薄毛改善効果を得ることができるのです。薄毛対策として専用のシャンプーや育毛剤を使用している人は、ぜひそこへシリカ(ケイ素)水を混ぜてみてください。一緒に使うことによって、シリカ(ケイ素)の働きが育毛成分をより効率的に髪に届けてくれますよ。また、体の内部からのアプローチも大切です。日常的にシリカ(ケイ素)水を飲んで、新陳代謝が活発な若々しい体質へと、体を変化させていきましょう。髪だけではなく、肌や爪も綺麗で健康的な状態へと導いてくれますよ。

ミネラルウォーターの分類について